ラベルを使用したターゲットの参照

BUILD ファイルとコマンドラインでは、Bazel はラベルを使用してターゲット(//main:hello-world//lib:hello-time など)を参照します。構文は次のとおりです。

//path/to/package:target-name

ターゲットがルール ターゲットの場合、path/to/package はワークスペース ルート(WORKSPACE ファイルを含むディレクトリ)から BUILD ファイルを含むディレクトリへのパスです。target-nameBUILD ファイル内のターゲット名(name 属性)です。ターゲットがファイル ターゲットの場合、path/to/package はパッケージのルートへのパス、target-name はターゲットのルート(パッケージのルート(パッケージの BUILD ファイルを含むディレクトリ)に対するフルパスを含む)の名前です。

リポジトリ ルートでターゲットを参照している場合、パッケージパスは空です。//:target-name を使用してください。同じ BUILD ファイル内のターゲットを参照する場合、// ワークスペースのルート識別子をスキップして、:target-name だけを使用することもできます。