リモート実行の概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
問題を報告する ソースを表示

このページでは、Bazel をリモート実行で実行するメリット、要件、オプションについて説明します。

デフォルトでは、Bazel はローカルマシンでビルドとテストを実行します。Bazel ビルドをリモートで実行すると、ビルド アクションとテスト アクションをデータセンターなどの複数のマシンに分散できます。

リモート実行には次のようなメリットがあります。

  • 並列アクションが可能なノードのスケーリングによるビルドとテストの実行の高速化
  • 開発チーム向けの一貫した実行環境
  • 開発チーム全体でビルド出力を再利用する

Bazel は、オープンソースの gRPC プロトコルを使用して、リモート実行とリモート キャッシュを有効にします。

商用サポートされているリモート実行サービスとセルフサービス ツールの一覧については、リモート実行サービスをご覧ください。

要件

Bazel ビルドをリモートで実行すると、ビルドに必須の構成制約が課されます。詳細については、Bazel ルールをリモート実行に適応させるをご覧ください。